InsideAsia

在中19年目の作家・谷崎光が中国とアジアの本当”をお伝えします。ときどきゲストも!

北京のペプシの工場でも患者発生。まさか第2の武漢になる? 中国・北京長期在住者の私が、本当は今度の再コロナ禍のほうが怖い、と思う3つの理由 月刊 谷崎光のインサイドアジア No.45

 

見出し画像

 

北京南郊外のペプシの分工場で6月15日から21日までに、8人のコロナ患者が確認されていたことが、6月21日、公式に発表された。
主にポテトチップス(筒型の容器)を作っていた工場で、8人のうち、2人が今回の再発生の中心地である、新発地食品卸売市場に仕入れに行っていた。

噂は早くからあり、当初、ペプシ側は否定していたが、昨日(6月21日)の自社の発表で認めた形。工場は生産中止で人員は現在、全員、自宅で隔離状態である。

北京ではコンビニやスーパーの大半で、ペプシブランドのポテトチップスが売られており、
「ポテトチップスを食べたり、ペプシコーラを飲んで大丈夫?」
の問い合わせが殺到しているが、ペプシ側は問題ない、と回答している。

北京は日系の食品工場もいくつかある。無事を祈る。
(写真はペプシ中国のサイトより。https://www.pepsico.com.cn/

コロナ集団発生地の市場で、捨てられる汚染食品

 

以下はこちらからお楽しみください。

 

note.com