InsideAsia

インサイドアジアでは、在中18年目の作家・谷崎光とアジアの精鋭インサイダーたちが”本当”をお伝えします。

国全体が”老人ホーム”になった日本

日本は国全体が、老人ホームみたいになったんだなと改めて思った。 4月のはじめに日本に一時帰国した。 今回は大阪の実家に泊まって、足を痛めていた母の世話をあれこれした。 スーパーに行ったら、食品の多くが北京の半額ぐらいで驚いた。家は大阪の中心部…

当たりはスマホ!? 中国で流行る”福袋”自販機

「オレ、スマホ新しくするから」 「またぁ? 外れるよ」 中国・北京。巨大ショッピングモールの中で、若者数人のグループが盛り上がっている。 一人が近づいて、スマホで支払いをした。 ガタンと音がして、プレゼント仕様で包まれた箱が出てくる。 皆で大騒…

トヨタ社長の終身雇用限界発言で考える、中国人を味方にするたったひとつの方法

中国に来て18年間、社内の中国人が味方になってくれずに、日本企業が損をする例をたくさん見てきた。 たとえば中国で売っていた日本メーカーの携帯である。 2000年代はなんと中国語が打てず、表示が英語だけのものまであった。 当時、英語がわかる中国…

中国で人気の雅子皇后。徳仁天皇があの時代に、自分より”三高”の女性を好きになった責任感

// // 新天皇皇后のご成婚は1993年である。あの頃の日本はまだまだ古かった。 // さっそうとスーツを着て出勤する、自称”キャリアウーマン”は、会社のロッカールームで女子だけにある制服に着替える(えっ、今もある? びっくり)。 会社に勤めても、ある程…

天安門事件 6月3日、30年前にこれから事件の起こる天安門広場に立って考えたこと

2019年6月3日。 家から地下鉄にのり、天安門広場へ行ってきた。6月4日だと入場できない可能性があるし、事件が起こったのは3日深夜から4日未明だからである。 パスポートチェックと顔認証をうけて荷物検査の場所に入る。 カバンに入れていたスケジュ…

ノートルダム大聖堂火災。現地華人社会でテロ説も根強くささやかれる根拠

4月15日から16日にかけて、パリでノートルダム大聖堂の火災が起こった。フランス政府は事故性を否定し、さらにおそらくは電気系統による失火であろうと発表。ただし、正確な原因は現在も調査中としている。 ノートルダム大聖堂。筆者撮影 さらに”教会”…

日本人留学生が驚いた、このままでは日本が負ける中国の一流大学の授業

中国の大学の卒業式は6月、7月。写真は北京大学。筆者撮影。 北京では、ときどき日本人留学生、日中ハーフ留学生と社会人の交流会が開かれています。 なかなかおもしろくて、何度か参加しています。 そのときに大学生たちが留学の感想を教えてくれました。…

中国人同士でも中国語方言(上海語、福建語、広東語……)は通じない!

日本で昔、東北と九州の武士がケンカして、おたがい言っていることがまったく通じなかったという話がある。実は中国もともとはそんな感じである。 一般に他の地の言葉は中国人でも聞くだけではわからないことが多い。字に書くと現代ではほぼ同じだが、発音は…

プライバシーポリシーとお問い合わせ先

お問い合わせ先 当サイト運営者:谷崎光 メールアドレス:guqiguang★yahoo.co.jp(★を@に置き換えて下さい) プライバシーポリシー 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Googleアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザ…